がちゃのメモ帳

Jリーグをメインに、いろいろな感想を残していきます

高校サッカー選手権で気になった選手たち ~帝京大可児&昌平~

 

twitter.com

brgacha.hatenablog.com

brgacha.hatenablog.com

 

さらに続き。これでラスト。帝京大可児&昌平編。

 

 

 

帝京大可児

 鈴木 淳之介(2年・湘南内定) MF 6 CH

2年生ながらすでに湘南への加入内定が決まっている逸材。サイズがあり、当たられてもぶれない力強さと左右の足を起用に使って中盤でパスをさばいていく。パワー×テクニックでボールを奪われないので、味方も安心してボールを預けているはず。あと1年でどれくらい伸びるか。

 

 小宅 空大 MF 7 CH

J内定の鈴木が目立つと思うが、ボランチの相方である彼も非常にうまい。タッチが細かく、背後からプレッシャーを受けても難なく交わして前を向ける。前へ運んでいく推進力もあり、セカンドボールも拾いまくっていて、(1試合しか見ていないが)個人的には鈴木よりも記憶に残った。

 

大森 涼 FW 10 1トップ

4ゴールを挙げ、試合数が少ない中で今大会得点ランク2位タイを記録。非常に柔らかいタッチでのコントロールで、パワーに頼らずともキープできる。真ん中でどっしり構えるというよりは幅広く動き回り、サイドへ流れて起点を作っていくタイプに見えた。チャンスのシーンでもゴール前で構えるより、駆け引きで突っ込んでくる感じ。“うまい”FW。

 

 

昌平
小澤 亮太 DF 2 左SB

まず、初めてみたときに「この選手すごい!」ってなった。SBに配置されているが、アタッカー要素が強く、スピードも速い。とりあえず彼に渡しておけば1人くらいちぎってくれそうという期待感がある。SBとして考えるのであれば、昌平のようにボールを持てる系のチームのほうが生かせそう。WBやSHとしても普通に活躍できると思う。

 

荒井 悠汰(1年) MF 8 右SH

おそるべき1年生。(たぶん)左利きで、右サイドで持ってからカットインでゴールに迫っていく。1年生らしいという表現が適切かは分からないが、非常に思い切りが良くプレーに迷いがない感じがとても良い。ライン間で受ける動きもそつなくこなし、外で受けて仕掛けるだけでなく、内側でのプレーも◎。

 

 

本間 温土 DF 12 右SB

速い。とにかく速い。前述したように荒井がカットインで内側に入っていくので、空きやすい大外レーンは彼が使う。機を見たオーバーラップでサイドを独走し、ゴール前へのクロスでチャンスを演出した。

 

 

昌平は須藤直輝(鹿島内定)もかなりうまかった。全試合は見ていないが、たぶん今大会の中でボールを持たせたら一番うまい。多くの人が見たと思うので、書かなくてもいいでしょう。同じく鹿島内定の小川優介、福島内定の柴圭汰もさすがのボールスキルを見せた。独特のPKで少し話題にもなった小見洋太も「まず最初の選択肢はシュート」というようなストライカーらしさを感じた。

 

 

ここまでで終わり!時間があればまた試合を見て追加するかも!