がちゃのメモ帳

Jリーグをメインに、いろいろな感想を残していきます

2024 J1第10節 サンフレッチェ広島vs川崎フロンターレ メモ

www.jleague.jp

youtu.be

スタメン

www.football-lab.jp

広島は川村が負傷離脱で欠場。

川崎がソンリョンがアップ中に負傷したとのことで、上福元が先発になった。

 

流れ

川崎はボールを保持して陣地を押し上げ、敵陣保持からの打開を図る。家長が広く動き回り、局地に数的優位を作るような役回り。後方は最終ライン3枚+橘田が残って管理。

広島は前からプレスを掛けながら前に速く送って攻め切る、もしくはロストしても高い位置からの守備で前に向かっていく。

広島は加藤がファジーなポジションを取りながら、WBと松本泰と連係しながら左奥のスペースを取りにいく。深い位置を多くとっていくことでセットプレーの回数を増やし、ゴール前に圧力を掛けていく。

広島のビルドアップに対し、川崎はWGがCBまで出ていき、IHが外のWBまでスライドして対応。

川崎は自陣守備時に、脇坂が右ボランチ脇を埋めに戻ってくる。遠野が前目で、脇坂がバランスを取る役割分担?

マルシーニョは前に残らず、大外の守備に深くまで戻ってくる傾向。

家長が保持時に自由なポジショニングを取ることで、トランジションで初期配置に戻れないので、前4枚はかなり流動的なセットの仕方になりやすい。

家長は非保持時、ほぼほぼトップの位置に残るので、エリソンが右SHタスクになっている。

39分、広島先制、1-0。前3人でのオープンアタックはわずかに合わず完結できなかったが、そこからの流れで佐々木のインスイングクロスを大橋が合わせてゲット。ゴール前に人数をかけ、佐々木を高い位置へ上げた攻撃的な配置での攻撃でゴールへ結び付ける。

40分、エリソンに警告。家長とのバランスの兼ね合いで右にほぼ常駐しているエリソンは、佐々木がマッチアップで上回っており、1対1の状況が付くれればほぼほぼ止めている。

広島は大橋とマルコスがCB、加藤がアンカーをケアするマンツーハメ。

44分、左で作った広島。大橋が中央でためてからの落としを松本泰がコントロールショットで狙うもバー直撃。上福元が少し触っていた。決定機。

川崎はオープン局面からマルシーニョの仕掛けでゴールへ向かおうとするが、塩谷が対応できており、川崎は突破口を開けない。

 

立ち上がりは川崎がボール保持の時間を作りながら保持エリアを上げて細かいパス交換からの打開を図っていたものの、徐々に広島が主導権を握るように。川崎がボールを持とうとすれば、奪ったところから前に運んで一気に陣地を押し上げ、前3人の連係からゴールへ向かう。ロストしてもそのまま高い位置からのプレスに移行し、奪ったら一気にゴールへ迫る形を狙う。保持では相手が前からくるのであれば、サイドのプレスが届きにくい位置を経由しつつ、前向きで入れるポイントを作り、背後へ送って行く。あまり出てこないのであれば、ファジーな立ち位置を取る加藤やマルコスをライン間の起点役にしながらサイドの深い位置を取り、クロス攻撃を仕掛ける、またはセットプレーを取っていく。川崎は我慢の時間が続いた中で、オープン局面でのマルシーニョの仕掛けに頼ろうとしたが、そこは塩谷がしっかりと蓋。右のエリソンは佐々木が対応と、トランジションリスク管理もバッチリ。川崎はマルシーニョと脇坂が撤退守備時にしっかり戻らなければならず、奪ったあとに前へ出ていくのも時間がかかる。橘田と脇坂がうまくつながれる距離でパス交換できると密集を抜け出せる形を見せられたが、回数を多く出すことはできなかった印象。

 

後半

川崎交代

エリソン→小林

45分、川崎がPA内右での連係から小林が抜け出してシュートも大迫が好セーブ。その直後、広島がトランジションから越道のクロスからシュートまで。どちらも際どいチャンスを作り合う。

50分、家長に警告。

53分、川崎が自陣でのビルドアップでプレスを回避し、マルシーニョで塩谷を引き出してから背後に遠野が走ってポケット攻略。折り返しはつながらずも、1つ崩しの形を作った。

広島が敵陣でのプレーを続け、川崎ははね返して我慢を続けるが、ファウルで止めてセットプレーという流れが続く苦しい展開。

60分、上福元のロングフィードから川崎がセカンドを回収し、コンビネーションでPA内を崩しにかかるが、広島も戻ってカバー。広島が前から行っている分、川崎は前向きで持てればオープン局面の速攻に出やすい。

63分、塩谷に警告。

64分、川崎同点、1-1。マルシーニョの仕掛けから獲得したFKで混戦を作り出し、小林が押しこんでゲット。川崎は苦しい流れが続いた中、押し返すシーンを作り出したタイミングで得点に結び付け、追い付く。

65分、広島交代

マルコス→ピエロス

66分、川崎交代

瀬川、ファンウェルメスケルケン→ジェジエウ、瀬古

ジェジエウがCBに入り、佐々木が右SBへ移る。瀬古がアンカーに入り、橘田が左SBへ移る。

68分、越道が足を攣る?ふくらはぎあたりを気にしている様子。新井が準備。

69分、広島交代

越道→新井

71分、3人のコンビネーションからマルシーニョが抜け出してシュートも枠外。決定機。一気に川崎ペースに。

71分、小林が座り込む。筋肉系トラブルがあった模様。すぐに山田が準備。

73分、川崎交代

小林→山田

73分、川崎逆転、1-2。遠野が中盤で浮いて前線へ送ったボールを大迫がクリアし切れず、家長が佐々木との競り合いを制すると、折り返しを山田が詰めてゲット。山田は投入直後の1stタッチでゴールを決める。

74分、広島同点、1-1。クリアボールを拾った満田のクロスを加藤が合わせてゲット。失点直後に前へ畳みかけてすぐに取り返す。あれだけ叩いてもこじ開けられなかったゴールがいとも簡単に入った。

80分、広島のロングカウンター。加藤が中央を突破してシュートも後ろから追いかけたジェジエウがブロック。その後右からクロスを送るも上福元がビッグセーブ。広島は連続でビッグチャンスを作るも決め切れず。川崎は敵陣保持からトランジションの起点つぶしで二次攻撃を続けられていたが、一度抜け出されて危険なピンチに。

川崎はサイドに当てたところから内側へのパスで遠野を浮かせて、そこから前に展開していく。遠野がフリースペースに入り込んで経由地になる。

85分、広島交代

松本泰、東→野津田、志知

86分、瀬古に警告。

87分、右からのクロスのディフレクションがフリーの大橋に届くも上福元がビッグセーブ。1点もの。

88分、川崎交代

脇坂→山本

川崎は遠野を左WBにして、非保持セット5-4-1にした。

91分、新井に警告。

94分、上福元のフィードから山田が中野と入れ替わって完全に抜け出すも佐々木が戻ってブロック。決定機。互いに3点目を取りにいっているため、非常にオープンな殴り合いになっている。

 

後半立ち上がりは広島が強度を上げて前へ向かったことで押し込む時間を作り、川崎は我慢しつつ、保持からスペースへ抜け出して深さを作り、敵陣保持を作りにいく。前半は塩谷が落ち着いた対応でマルシーニョを止めていたが、早めに警告が出たことで、川崎はマルシーニョのところを使いやすくなった印象。遠野が中盤ハーフスペースで受けて中継役をこなすことで、前のスペースを突きやすくなった。とはいえ、広島が前向きにどんどん出ていくことで押し込む時間を作り、ペースを握る。ただ、川崎が押し返したタイミングでセットプレーから追い付き、振り出しに。徐々に川崎が高い位置で保持できるようになると、遠野経由のロングボールからエラーを誘って川崎が逆転。しかし、広島がその1分後に同点と、あわただしい展開に。広島は前にどんどん出ていき、圧力を掛け続け、川崎はそこを抜け出せればビッグチャンスと、両方が3点目を積極的に狙うオープンな最終盤。ともに際どいシーンを作ったが、好守もあって決め切れず、引き分けで決着した。広島は多くの時間でペースを握りながらも、もう一歩押し込むことができずにまた引き分けに。川崎は苦しいながらに攻撃のパターンを見つけてゴールを奪い、最後のところは上福元がなんとかした。

 

個人的MOM

★上福元 直人

再三のビッグセーブ。彼でなければもう2点くらい入っていたかもしれない。急きょの先発でしっかりと爪あとを残す。

遠野はサイドからピックアップして前に進めさせる中継役として機能。マンツーベースで人を当ててくる広島が捕まえづらそうにしていた。

 

トピックス

小林が負傷交代。おそらく筋肉系のトラブル。