青赤人の戦術探検記

FC東京を中心に自分なりの分析をします!

パース戦 監督・選手コメント振り返り

twitter.com

 

brgacha.hatenablog.com

レビューはこちら。

 

 

Jリーグ公式のコメントからいろいろ考えていこうのコーナー。

 

www.jleague.jp

※コメント類はすべてこちらから引用

 

守備について

橋本(拳人)ら中盤が後ろに重い感じがあった。プレッシャーを掛けにいくときも、アンカーからなかなか出ていけない。本来ならアグレッシブにつぶしにいくところで、なかなか行けなかった。

 ※長谷川監督のコメント

 

中盤が後ろに重い感じ、とあるが、確かに前半は前と後ろがバラバラな印象があり、前から行くのか行かないのか半端になっている(見える)ことが多かった。

 

ハーフタイムに、「もう少し行っていいから」と指示した。「後ろが同数になってもいいから、しっかり対応しろ」と。

 ※長谷川監督のコメント

 

中盤の選手としては各々でなにか悩みながらプレーをしていたゆえに“バラバラ感”が出てしまったのだと思うが、そこをクリアにしてやるべき仕事をはっきりさせた結果が後半の内容に表れたのだろう。

 

 

前半は自分たちの攻撃ができなかった。後半からは速い攻撃ができたが、あのくらいのハードワークを早くやらないといけなかった。縦へのスプリントを前半からできれば、もっとラクな試合になったと思う。

 ※安部のコメント

守備の仕組みには課題アリだったが、やることをはっきりさせて単純に強度を上げていけば十分にボールを奪えることは示すことができた。これがJ1チーム相手にも通用するかは未知数だが、前半から圧力を高める守備ができれば、また守備のイメージも変わってくるかもしれない。

 

ビルドアップについて

橋本のポジションも下がり過ぎていたと思っている。相手の9番(※1トップ)の裏側でボールを持てれば、こちらの2CBがハーフウェーラインを越えて持つようなシーンがもっと増えたと思う。前半はなかなかそこを越すことができなかった。

※長谷川監督のコメント

[4-3-3]のシステムではビルドアップの鍵を握るであろうアンカー。東京でその位置を担っているのは橋本だが、彼の位置取りがうまくいっていないという認識のようだ。実際にCBから中央を経由して前進するシーンはほとんど記憶にない。相手にそこを意識させなければサイドもうまく使っていけないため、橋本だけに限らず中央を使ったビルドアップについては修正していきたい部分だろう。

 

 

 

 

おまけ

 

3トップに対して研究してくるところは出てくると思うが、紺野のようなタイプが効くと思っている、期待どおりのプレーをしてくれた。

※長谷川監督のコメント

 

やっとこれがスタート。これから出続けることが大事。明日から、また毎日良い準備をしていきたい。

 ※紺野のコメント

ACLでトップチームデビューを果たした紺野。大学で名を上げていたドリブラーが今季はやってくれそうだと思わせるプレーを見せた。外国籍の強烈なアタッカーがそろう前線だが、大卒ルーキーの即戦力として出番を勝ち取って今後も存在感のあるプレーを披露してもらいたい。