青赤人の戦術探検記

FC東京を中心に自分なりの分析をします!

J1リーグ第16節 FC東京vsベガルタ仙台 簡易プレビュー

がちゃです。

twitter.com

 

まとまった時間があまりとれなかったため、今回は簡易的なものになった。 

少しずれている部分があるかもしれないが、ご容赦願いたい。

 

予想スタメン

f:id:brgacha:20190623135930p:plain

主な欠場者

東京

ジャエル(怪我)

田川(怪我)

 

仙台

ジャーメイン(怪我)

阿部(怪我)

 

両者ともにルヴァンカッププレーオフを水曜日に行っており、中3日でのリーグ戦。

仙台がルヴァンでターンオーバーを行っているのに対して、東京はほとんど主力に近いメンバーでの連戦となる。

 

東京は永井→矢島、大森→ナ・サンホの可能性あり。

仙台はトゥーロン国際から戻ってきた椎橋がメンバー入りの可能性あり。前節までのメンバーで予想しているが、両SBと松下以外のポジションはメンバーがそこまで固定されていない印象で、吉尾や石原兆、ハモン・ロペスがスタートから出てくることもあり得る。また、4-4-2でスタートするかも微妙なところ。

 

仙台簡易分析

 

ボール保持

 

ビルドアップ

基本的にショートパスで繋いで相手の陣形を崩していくビルドアップ。

秩父宮で行われたルヴァンカップの試合を観戦した方はよくわかると思うが、4-4-2で組んでいても様々な方法で3バックへ可変する術を持っている。

富田がCB間に下りる、松下がCB脇に下りる、永戸が内側に入る等。椎橋が入っても同じようなことができる。

f:id:brgacha:20190623143536p:plain

富田下りイメージ

f:id:brgacha:20190623143648p:plain

松下下りイメージ

f:id:brgacha:20190623143708p:plain

永戸CB化イメージ

 

FC東京は4-4-2システムを採用しており、噛み合わせはばっちり。そのため、可変を行うビルドアップを考えているはず。となったときにSHにはアタッカー寄りの関口や道渕ではなく、比較的MFに近いふるまいができる石原兆や吉尾が起用されるかもしれない。

 

プレスをかけてきたときには後ろで数的優位を作りながらプレス回避を狙うと思うので、東京としてはそこへ人数をかけて妨害しに行くのか、撤退して自陣へ引き込むのかのどちらを選択するのかという判断になる。

平岡&シマオコンビはおそらくビルドアップよりも対人の強さを買われており、後方のパス回しでの隙はある程度ありそう。大分戦のようにリスクをかけて高い位置からガンガン追いかけて早い時間に先制を狙うのが良いかもしれない。

ロングボールを蹴られても2トップが長沢と石原であれば、縦に速い攻撃は難しく、セカンドボールの回収に集中できる。仮にハモンを入れてきたら、縦に速い攻撃の迫力は出るが、ボール回しの滑らかさは落ちるように思う。

 

 

得点パターン

セットプレーとクロスで約半分を占める。

左右にクロッサーが多く揃うことや中央にわかりやすいターゲットの長沢がいることが大きな理由であると考えられる。

後ろで相手のプレスを見ながら配置を取り、縦パスを見せながらボールをサイドへ送り、そこからクロスを送る。

 

ここだ!と思ったところではPAに人数をかけてくることもあるので、東京としてはそこをひっくり返してディエゴと永井にカウンターをお願いするのも一つの狙いになるだろう。

 

ボール非保持

 

4-4-2ベースの守備が基本。

特に14節名古屋戦で見られた形だが、相手のボールと逆サイドのSBが高い位置を取ると同サイドのSHがマンマーク気味についていくことで5バックのように守るときがある。こうなると逆サイドで待つ相手SBへの対応は楽になるが、ボールサイドに寄る中盤の選手と逆サイドのSHに距離ができて中盤にスペースができる。

f:id:brgacha:20190623155901p:plain

※イメージ

東京の場合逆サイドのSBが高くまで上がることは少ないので、あまり見られないかもしれないが、特徴のおさらいまでに。

 

また、中盤選手の距離が空く瞬間があるように思った。強いCBがいることでDF-MFライン間にパスが入ってしまうことをある程度は許容しているのか、はたまた意図していないものなのかは不明だが、ふと空く瞬間がある。

そこの選手間に縦パスを通されたときはCBが前に出てきて相手選手を潰す、または前を向かせないようにする。東京としてはここを潰しきれなかった時はチャンス。一気にCBの背後を使える可能性が出てくる。

特にディエゴは相手を背負ってのキープ・反転が非常にうまいのでディエゴvs仙台CBのバトルはかなり重要ポイントとなるはず。

 

f:id:brgacha:20190623160819p:plain

※こんな感じで背後を狙いたい 

 

 

 

注目ポイントまとめ

 

①仙台のメンバー選考

→CBに対人の強さを求めていそうか、ビルドアップを期待していそうか。SHがMFタイプかアタッカータイプか。FWにハモン・ロペスが入るのか。

これらによって、東京もどのレベルでプレスをかけるか等、ゲームプランの微調整をする必要が出てくるだろう。

 

②クロスがストロングだがクロスがウィークな仙台

→お互いのクロス攻撃がどの程度機能するか。東京もカウンターを除けばクロスからの得点が多い。いつも通り、相手のクロスを跳ね返しながらカウンターを狙い、ボール保持時には室屋と小川のところでフリーを作り出してクロスを入れることができれば得点チャンスは訪れるはず。

 

③仙台中盤の守り方

→縦パスを入れさせないようにするのであれば中央を締めるため、サイドが空く。クロス攻撃を嫌がれば多少なり中央は空く。

ボールを持った時に縦パスやクロスへの布石が打てれば、どちらかは空いてくる。序盤で相手に対して「これをやってくる」という意識付けをすることで、その逆を取りやすくなる。(ルヴァンのセレッソ戦では逆にやられた)

 

 

以上。

それぞれでポイントを見つけて楽しもう!