青赤人の戦術探検記

FC東京を中心に自分なりの分析をします!

AFC U-23選手権 日本vsシリア 簡易プレビュー

twitter.com

 

 

ゆるりと手短に。

 

1節の試合の振り返り!

まずは第1節、日本戦の前に行われていたカタールvsシリアの感想をシリア中心にさらりと。結果は2-2だった。

フォーメーションはシリアが[4‐4‐2]ベース、カタールが[3‐4‐2‐1]ベースで、ざっくりとした印象は「パワーのシリア」と「理論派のカタール」。カタールアジアカップで日本が戦ったときと同じようなイメージでいいと思う。

カタールが後ろからボールをつなぎながらゴールまでたどり着くことを目指す一方で、シリアはあっさり前に蹴ってくることが多かった。全体的にキック力やフィジカルに強さがあり、競り合いや距離を詰められた1対1での勝負は強い。そのフィジカルの強さもあってか、この試合を見た限りではセットプレーが1番の武器。キッカーも質の高いボールを蹴ることができ、ターゲットもいるので、小細工してくるより単純にぶん殴ってくる感じ。

 

守備についてはあまり前から追う守備はせず、自陣に撤退する時間が長め。カタールのうまさを見越した上での選択だったかもしれない。ハーフウェイラインくらいまでは全く追ってこないので、カタールの最終ラインはほとんどプレッシャーを受けることがなかった。

シリアは[4‐4‐2]のブロックを組んで守るが、まず2トップがどこを守りたいのかが不透明だった。前述したように3バックへの圧力も強めないし、背後にいるCHらへのパスコースを徹底的に切るような動きにも見えない。左右のCBにボールが渡るとなんとなくついて行って2トップの横幅が開き、その真ん中を使われるなんてこともあった。ほかには、チームとしてサイドを空けがちな守り方をするため、中央の選手からサイドに振られると対応がやや遅れたり、中盤のフィルターが機能しないと最終ラインがけっこう慌てちゃう印象を持った。


ちなみにカタールの2得点は配置で崩してから、ゴール前のスペースへ送るようなワンタッチクロスから生まれた。それぞれGKの処理ミスとDFのオウンゴールだったが、下がりながらの守備は苦手なのかもしれない。

シリアはセットプレー一発と、後半ATで相手が一人ピッチの外へ出ていたタイミングで放り込みでぶん殴った。カタールも終盤はヘロヘロで、まともに競り合える状態ではなかったのかも。

 

 

ただ感想をそのまま書いてしまったが、シリアへの個人的な意見をまとめると

全体の特徴

★フィジカル勝負が強い!

ボール持ってるとき

①あまりボール保持にこだわらず、前に蹴ってくる!

②セットプレーは脅威!

ボール持ってないとき

③(カタール戦では)あまり前から追ってこなかった!

④システムがかみ合わないと基準が曖昧?

⑤サイドを空けて守る?

 

こんな感じ!

これを踏まえて展望へ!

 

 

日本はどう戦うか!

第1節のサウジアラビア戦も例に漏れず日本は[3‐4‐2‐1]ベースのフォーメーションを採用。フォーメーションだけで言えば、シリアが第1節で戦ったカタールと同じ。ということで概ねカタールと同じように戦えば得点は取れるんじゃないかと思う。同じことができるかは知らない!

 

f:id:brgacha:20200112035626p:plain

 

それがどういった戦い方かと言うと

❶中央からサイドへ展開する

❷相手のSHを引きつけてからCHの脇で受ける

上記の二つが分かりやすい攻め方かなと思う。

 

❶は、まず前項で触れたように2トップの守備基準が定まってなさそうなので、3バックで横に回して様子を伺いながら、(第1節のメンバーで言うと)3バックの真ん中に入る岡崎やCHの田中碧あたりから大外で張るWBに展開できるとかなり楽になると思う。このときWBが相手のSHに対応されない高さを取ることが大事

f:id:brgacha:20200112034751p:plain

 

❷は、SHが3バックへプレスに出てくるときがあるので、その背後を使いたいねというお話し。サウジアラビア戦でもシャドーの食野と旗手が少し下りて、相手の2CH脇で受けるみたいなシーンがあったけど、そんなイメージ。

シリアのSHも前に出てくるけど、そこまでの圧力は掛からないことが多かったので、落ち着きさえすればCB→シャドーの縦パスは通せると思う。このときシャドーは相手SBとCBの間あたりで受けられると良さそう

f:id:brgacha:20200112035051p:plain


 

2か所にアンダーラインを引っ張ったが、これは局地で2対1を作りたいから。[4‐4‐2]で守る相手に対して[3‐4‐2‐1]は捕まえずらい場所にあらかじめ人が配置されている。WBが相手SHに捕まらなければ相手のSBは外に引き出されてシャドーの活動エリアを広げられる。シャドーがCB-SB間で受けられればどちらかを引きつけてWBか1トップの活動エリアを広げられるといったイメージ。言うのは簡単でやるのは難しいんだろうけどね。

 

WBが持ったときのイメージ

f:id:brgacha:20200112035132p:plain

 

 

シャドーが持ったときのイメージ

f:id:brgacha:20200112035152p:plain

f:id:brgacha:20200112035207p:plain

 

こういったことから個人的には、WBは仕掛けられる遠藤や相馬、シャドーはWBと連動しながら背後を取れる森島を起用したら面白いんじゃないかなと思う。

 

 守備面についてはセットプレーを増やさないために無駄なファウルをしないことと、ゴール前でのフィジカル勝負に持ち込まれないために出所を潰すことじゃないかね!

 

 

 

以上!

それぞれのサッカーライフを楽しんでくれよな!