がちゃのメモ帳

Jリーグをメインに、いろいろな感想を残していきます

2024 J1第2節 ガンバ大阪vsアルビレックス新潟 メモ

www.jleague.jp

youtu.be

スタメン

新潟は前節で脳震盪の疑いがあった舞行龍と、前節先発の鈴木がメンバー外。

ガンバは新加入のウェルトンが初のメンバー入り。

流れ

ともに保持志向。自陣からショートパスでつなぎながら陣地を押し上げて崩しを図る。

立ち上がりはガンバが保持の時間を作る。新潟は4-4-2のミドルブロック。

新潟は4-1ビルド。島田がアンカー位置に入り、秋山と高木がIH気味に。ガンバは4-2-3-1プレス。山田がアンカーを監視しつつ、前にも出ていく。

ガンバは鈴木がアンカー位置ベースからボールサイドに動く。ラヴィのほうが若干前目の役割か。

ガンバは前からプレスを掛けてボールを回収しにいく。

谷口が最前線でサイド制限をかけるチェイシング。

新潟が人を当てて追ってきたときは鈴木をクッション役にして落としから前を向く。鈴木が詰まっていたら、ラヴィも下りてボランチ同士の交換からフリーを作る。

テンションを上げているガンバが保持と、プレスからの回収でペースを握り、責める時間を増やす。新潟もフリースペースを使いながらの前進を図るが、ガンバのプレスバックや囲い込みが上回る。

アラーノは保持も非保持もトップ下のような位置にいるときがある。

秋山がサリーで枚数調整。ガンバが強くプレスに来ているので、場所を動かしてズレを作りにかかる。

左に流れていた高木が内側へ動いてSBをピン止めし、大外の新井を空ける形。

GKを加えて3バック化する新潟。開くCBにはSHがアタックに出ていくガンバ。

高木も下りてきて2トップの後ろに中盤3枚が並ぶような配置。

24分、前がかりになったガンバを裏返すように松田詠がスペースに出ていって仕掛けるが、中谷が間合いを見極めつつ足を出して奪取。新潟は押し返すフェーズを作れたが、脅威が足りず。

降りる高木に深くまでついてくる鈴木。

26分、ガンバの奪取からショートカウンター。山田のラストパスに岸本が飛び込むも新潟DFも体を張って阻止。新潟はサイドを経由してから中央につけて落としから前を向こうとするが、ガンバの迎撃が早く、落とす選手の余裕がない。

新潟のボランチが相手ボランチについて行く場合、山田が下りてその脇にフリースペースを作る。

29分、山田が左から運び出して折り返し。ファーで待っていた岸本がフリーで合わせるも新井が戻ってカバー。ガンバに惜しいシーンが続く。

新潟は前からプレスを掛けるように守備のやり方を調整しているが、陣地をなかなか押し返せない。ガンバが中盤3枚をうまく動かしながら、前進ポイントを作っている。逆に前へ押し出すようになったことでSBを使われやすくなっている。

新潟は高木おろしや長谷川のIH化で変化をつけようとしているが、そこにはガンバのボランチがプレスをかけるのみ。

岸本が前へのプレスもプレスバックも速いので、長谷川がSH裏で受けてもすぐに戻ってきて時間をもらえない。

人についてプレスを掛けてくるガンバに対し、小島→下りる谷口でポイントを作り、落としからサイドへ預ける。

41分、左サイドでのパス交換から山田のヒールパスを受けたラヴィのコントロールショット。自由に動く宇佐美、山田、アラーノが絡み、人数を掛けて崩しを図る左サイドの攻撃がガンバのメインパターン。そこに大外は黒川が入ってクロスを狙う。

 

前半は終始ガンバペース。新潟は二度カウンターから松田の運び出しでゴールへ向かうことはできたが、完結はし切れず。ガンバはプレスの強度を高めて新潟から自由を奪う。新潟はその強度に対してパス交換で外して前進しようと図ったが、素早いプレスバックと迎撃で時間を奪われ、起点を作れず。最初はミドルブロックで構える守備を強いていたものの、あまりに保持の時間を作れず、押し込まれる時間が長くなったため、途中からはプレスで奪いにいく守備にシフト。ただ、ガンバがボランチと山田を経由しながらそこをうまく外し、逆にSB裏を突いてチャンスを作った。ガンバのメイン攻撃パターンは、左サイドでの複数人の連係からの崩し、または黒川からのクロス。ただ、ターゲットタイプがいないので、シンプルに上げても勝機は薄い。ゴール前が薄くなったタイミングでグラウンダーを狙い、岸本が中に入ってきてフィニッシャータスクを担う。

終始ガンバペースで進んだが得点がうまれなかったことは悔やまれる。一方で新潟はストレスを抱える45分ながらも無失点でしのぎ切れたことは大きい。新井のスーパーゴールカバーが光った。

 

 

後半

新潟はボランチ2枚の距離を近くして2トップを寄せてから逆へ展開して前進を図るも、まだガンバのプレスバックが早い。また、ポイントを前に置こうとしても三浦と中谷の迎撃が強く、収めることもできない。

54分、デンが運び出してから縦パスを入れて、高木が横に流れてきてピックアップ。ガンバのプレスが若干かからなかったところから前進の経路を見つけ出した。ただ、CBからの運びは奪われたら致命的なカウンターを受けるリスクもある。

58分、岸本に警告。

新潟は2トップ裏経由で逆サイドへ展開し、ガンバの後方のスペースへボールを送れるように。ただ、ガンバも残っている選手で十分に対応できている。

61分、岸本のチャージでファウル。岸本は1枚警告を受けているのでファウル要注意。

63分、一森に警告。ガンバが自陣でロストしたところから、一森がタッチライン際まで出ていくが、間に合わずファウルで止める。

65分、ガンバ交代

松田、岸本→半田、倉田

倉田が左SHに入り、アラーノが右へ移る。

新潟がサイドへボールを出した際に、SHが前を塞ぎ、ヨコのサポートに入るボランチを山田がプレスバックで消す。新潟はSBに渡した後にコースが消えて、無理なパスを入れてロストすることが増える。山田の運動量がないと成立しない守備。

68分、サイドから斜めのパスで受けた高木から前進成功。ただ、ピンポイントで合わせないといけないコースを通しているため、再現性を高めるのは難しそう。

→松田がエリア内で抜け出してシュートも一森がストップ。決定機。

72分、ペナルティーチェック。倉田のエリア内でのシュートで新井の足がかかっているかどうか。→オンフィールドレビューの結果、PKに。

74分、ガンバ先制、1-0。宇佐美がPKを決め切った。小島はコースを読み切ったが、宇佐美のキックのコースと強さが上回った。

75分、新潟交代

松田、谷口、高木→小見、ゴメス、長倉

76分、山田と半田のパス交換から山田のシュート。ガンバがイケイケの雰囲気に。

新潟はボランチが相手2トップ周りで動きながら目線をずらしていくが、2トップのプレスバックが弱まらないので、前進の入り口が開かない。特に山田が前進の起点場所を塞ぎ続けている。

79分、ガンバ交代

ラヴィ→ダワン

終盤になってもガンバの強度があまり降りてこない。相変わらず山田が前進の起点を塞ぎ続ける。

83分、新潟交代

新井→堀米

87分、デン→左大外で前進。若干プレスが甘くなるとしっかりコースを見つけてくる新潟。

90分、ガンバ交代

宇佐美、黒川→ウェルトン、福岡

黒川は接触でふくらはぎあたりを痛めていたので大事を取っての交代か。

ガンバは奪ったら前のスペースへ送り込んで前の選手を走らせる。

ガンバはゴールへ向かわず、得点の可能性がありそうなシーンでもゴール前に入れないでサイドで時間を使う。

 

90分を通じて多くの時間でガンバが主導権を掌握。選手交代を駆使しながら、終盤になっても運動量が落ちず、新潟の保持にけん制を掛け続けることで自陣で受ける時間を限りなく少なくした。特に両SHのプレスバックの速さ、山田が横パスのコースを消すプレスバックが際立ち、新潟はSBへ送られたあとにコースをつぶされてハマるシーンが頻発。ピンポイントでのパスが通ればチャンスを作れたシーンもスポット的にあったが、技術と判断がバチっとハマらないと実現できず、再現性高く前進パターンを作れたわけではない。ガンバは保持の安定もあったが、非保持でアクションを起こし、そこの優位性を保ち続けたことでペースを譲らずにやり切れた。

 

 

個人的MOM

★中谷 進之介

前線の高い位置からプレスを掛けていく中、ボランチの背後に出てきたボールに対し、しっかりと迎撃でつぶし、新潟の前進の起点となる場所を封鎖。数回だけ訪れた晒されたシーンでも、間合いを図りながら足を出して止めるなど、防波堤として機能。守備での優位性を保って主導権を握るのに大きく貢献した。

山田も前線からのプレス、そしてボールがサイドへ出たときの横パス消しのプレスバックをほぼ90分間続け、新潟にビルドアップの出口を与えず。普通ならば70分あたりから足が止まってきそうだが、最後まで強度はほとんど落ちなかった。攻撃での貢献度も言わずもがな。

 

トピックス

黒川が接触で痛め、大事を取って途中交代。プレーできないほどではなさそうだったが、次節の出場は問題なし?

 

監督コメント

 (※Jリーグ公式サイトから引用)

[ ダニエル ポヤトス監督 ]
非常にうれしく思っています。本当に良い形で試合を締めくくれたと思うと同時に、ホームで皆さんに与えられたこと、そして、ディフェンスのプレッシングを自分たちがしたいようにできたところが大体うまくいったなと思っています。本当に、新潟は素晴らしい監督、素晴らしいチームですし、攻撃でも決定機をお互いに作ったと思います。その中で本当に今日は勝ちに値する日だったと思いますし、選手を本当に心から称えたいと思っています。同時にファン・サポーターの皆さんに喜びを与えられたことにすごく満足しています。

--攻撃と守備が一体となった戦いができたが、今季狙っている戦いがある程度示せた、という自信みたいなものはあるか?
そうですね。攻守が一体となるということがすごく重要だと自分自身は思っています。去年もそういったところは目指していたのですが、なかなか良い形で進めませんでした。ただ、攻守を切り離して考えるということじゃなくて、しっかりと1つに、一体となってプレーするというところが大事だと、そこにプラスしてアグレッシブさもすごく重要になります。これは相手によって変わっていくところもあると思うのですけれども、こういったことを、今年のアイディアをしっかりと選手たちも理解してくれていますし、それをいまから続けていきたいと思っています。

--PKを決めた宇佐美 貴史が2試合連続ゴールとなった。昨日の囲み取材では「貴史を楽しみたい」と話していたが、楽しめた?
そうですね、すごく楽しめました。同時に、やはり1人の選手のことを言うのはあまり好きではないのですけれども、やはり若い頃から宇佐美 貴史という名は轟いていて、本当にとても良い選手で、常に驚きを与えてくれると自分自身が前から知っている存在です。ですので、サポートしてあげたいという気持ちと、彼がもう一度サッカーを楽しみ、楽しむことを感じてもらえるように自分自身は今後ともチームとともにサポートしていきたいと思っています。その中でもチームで彼が輝く姿、個人だけでなくて、チームとして彼が輝く姿はうれしく思いますし、やはり今日のPKというところも彼にフォーカスが当たりますが、チームとして勝ったというところがすごく今日はうれしく思っています。

 

[ 松橋 力蔵監督 ]
終始、ガンバのゲームだったと思っています。最少失点という形ではありましたけども、自分たちが失点というよりもやっぱりチャンスを作れなかったところが少し課題として残りました。次節(・名古屋戦)までに積み上げていければと思います。

--チャンスを作れなかったという話だが、考えられる要因は?
自分たちでボールを受けにくる回数が、前半も後半も多かったなと。背後への動きのかぶせ方とか、スペースの共有など、われわれが準備してきたものがなかなか出せなかった。それに対して、ガンバの圧力が90分を通じて非常に素晴らしいものだと思いますし、そこをはねのけないと勝点を奪うことはできないのだなと、しっかり今日はチーム全員で学べたと思います。

--前日会見で1対1の部分で負けないことをポイントに挙げていたが、攻撃と守備での1対1の評価は?
ガンバに分があったと思います。

--長谷川 元希を左サイドで起用したが、その狙いと評価は?
初戦(前節・鳥栖戦)の前半のときにもちょっと課題に挙がったようなことだったのですけども、そこを起点にボールが収まることによって、相手の最終ラインにどうダメージを与えるかというところで、彼は技術的な高さだったり、アイディアだったり、そういうものを持っているし、サイドでも中でも両方でプレーできるので、外に張りながら起点になることと、中に潜り込んでその技術とアイディアを出せればいいかなという起用でした。本来は中のほうが一番彼の良さが出るのかなと思いながらも、ガンバをどう攻略するかというところでサイドに起点ができるような起用でした。その中で、彼もかなり苦しんだ部分はあったかなと思いますけども、また次の試合で自分の良さがしっかり出せるように良い準備をしてもらえればなと思っています。