青赤人の戦術探検記

FC東京を中心に自分なりの分析をします!

【FC東京】 新戦力 ナ・サンホ選手について

 

 

 


 

今回は2019年シーズンからFC東京に加入した、ナ・サンホ選手について書いていきます。

 

2018年シーズンのゴール動画があったのでまずはこちらを参照頂ければと思います。

 

 

 

 簡単にまとめると

 

●裏抜け型ストライカ

●抜け出した後のシュートが落ち着いている

●スピード感もある

 

ざっとこんな感じでしょうか。

 

最近の東京にはいなかったタイプかなと思います。

 

DFラインと常に駆け引きし、一本のパスで裏へ抜けられる。また、DFラインを押し下げて味方のためのスペースを作り出せる選手に見えます。

あとはゴール前で落ち着いていてGKとも駆け引きできるタイプかなと感じました。

 

おそらく2トップの一角で起用される見込みだと思いますが、永井とのポジション争いになるのでしょうか。タイプが違うので相手によって変えてみたり、いろいろと最初の方は試行錯誤があるかもしれませんね。

東と髙萩が1年を通じて試合に絡み続けていれば、それなりにパスは出てくる気がするので、そこでしっかり点が取れるかで出場時間も変わってくるかもしれません。

 

 

ここからは完全にこんな感じになればいいなという妄想タイムです。

f:id:brgacha:20190131010138p:plain

たぶんここで使うんじゃないかと予想。

右FWでも使いそうですがなんとなく左。

 

そしてこれできればいいなというのがこちら。

f:id:brgacha:20190131010250p:plain

 

ナ・サンホが裏狙いますよ~っていう動きを見せてCBを引っ張る。そしてその空けたところにディエゴが入って縦パスを受ける。

ディエゴは反転がうまいですし、ボールを持ったときにより輝く選手だと思ってます。そしてスペースがある状態で持てれば突破力がありますから脅威になります。

 

これは逆もしかりでディエゴが下りたところについてきたスペースをナ・サンホが狙うってのもできそうです。ディエゴについてこなかったら前向くよ?という二択を突きつけられます。

 

タイプ的にディエゴとの相性はいいんじゃないかと勝手に思っているので、このコンビが固まったときにはきっと強い東京のはず。

 

ただし、これができるようになるためにはナ・サンホが得点を取れる危険な選手だと認識させる必要がありますね。裏に抜けられてもそこまで怖くないならDFラインを下げて対応してもらえないかもしれないからです。
そのためにシーズン開始してから速い段階で得点を取ってもらう必要があります。もうガンガン取っちゃってください。お願いします。

 

 

ということでこんな感じです。

アジアカップで怪我をしてしまったようですが、メディカルチェックも通っていますし、本人も大丈夫とのことです。(以下動画参照)

 

 

ビッグネームとまでは言えませんが、韓国でも結果を残してますし、個人的にすごく好きなプレースタイルなので期待してます。
青赤な皆様もナ・サンホ選手を応援しましょう!!
読んで頂きありがとうございました!
それでは今回はこのあたりで!
(次回は新加入選手第二弾 アルトゥール・シルバ選手編を予定してます。お楽しみに。)